口内炎の治療はどうすればいい?

トップページ > 口内炎の治療はどうすればいい?

口内炎の治療はどうすればいい?

 

口内炎になってしまった時に、どのように治療をしていけばいいのかを知りたいという人もいるでしょう。アフタ性口内炎というのは、口内炎の中でも特に多いのですが、基本的には、何をしなくても1〜2週間程度で完治します。しかし、2週間以上経過しているのに、一向に口内炎が治らないのであれば、他の病気の疑いを持つようにして、病院で調べてもらったほうがいいかもしれません。

 

では、病院では何かに見てもらうようにしたほうがいいのでしょうか?口腔内だから歯科医に見てもらうべきだと思った人もいるかもしれませんが、歯科は歯の治療をするための科です。ですから、口腔外科や耳鼻咽頭科の診察を受けるようにしたほうがいいでしょう。

 

他の科であっても、口内炎の診察をしてくれる倍もありますし、反対に耳鼻咽頭科などでも口内炎の診察をしてくれないという場合もあります。ですから、実際に受け付けをする前に確認を撮っておいたほうがいいでしょう。

 

ドラッグストアや薬局でも口内炎の治療薬が販売されており、種類もたくさんあります。貼り薬もあれば、外用薬もありますし、内服薬だってあります。

 

貼り薬は、炎症を起こしている部分に貼り、演唱を鎮めながら痛みを和らげていきます。そして、外用薬の場合、塗り薬と軟膏があるのですが、どちらも炎症部分に塗って、雑菌や空気に触れないようにして、治療をしていきます。

 

最後に内服薬は、大体の場合はビタミン剤になっており、口内炎の治療だけではなく予防をしていくことも可能です。ビタミン剤はもちろんビタミン入りのサプリや殺菌作用のある成分入りのサプリも効果的です。参考:口内炎に効くサプリ

 

口内炎の炎症がひどかったり、痛みが強い場合も、市販されている治療薬を使うよりも病院で診察をしてもらい、適した薬を処方してもらうようにしたほうがいいでしょう。

 

病院の場合は、痛み止めや抗菌剤、うがい薬などといった薬を処方してもらうことができます。処方薬にしても、医薬品にしても、食後や就寝前、歯磨きをした後などに使うようにしたほうが、より長く薬の成分が口内炎になっている部分に残ります。

 

また、薬だけに頼るのではなく、口の中が不潔にならないように普段から気を付けていくことも大切です。元々、人間の口の中には何百もの雑菌があるのです。清潔にしておかなくては、どんどん雑菌が増えていって、口内炎の治療の妨げになりかねません。